Item

第62回 '12年10月『えがく』〜継続経営のための、ビジョンの描き方、伝え方。最高に続く経営を目指して〜

【内容紹介】


1部『 えがく 』
~継続経営のための、ビジョンの描き方、伝え方。最高に続く経営を目指して♪~





ある書籍によると

フォーチューン500に載っている企業の

平均寿命は、

1970年 50~60年 だったものが

現在は 平均10.5年になっているそうです。





もちろんこれは、アメリカでの話ですが

日本でも

企業の平均寿命は

東京商工リサーチが集計した2010年の平均寿命は

22.4年だそうです。



アメリカよりは長いと言え

30年未満なのですね。




コリンズ博士の

有名なビジョナリーカンパニー3

「衰退の五段階」は

第一段階: 成功から生まれる傲慢

第二段階: 規律なき拡大路線

第三段階: リスクと問題の否認

第四段階: 一発逆転の追及

第五段階: 屈服と凡庸な企業への転落か消滅

とあります。




これは、すごく、誰もがわかるのではないでしょうか?




では、

逆に長く続いている経営はどんな経営か?





それが、

「ビジョン」という

ゴールの明確化のように思います。





帝国データバンクの調査によると

老舗企業(100年以上続く企業)

のうち

77.6%

は、何らかの形で

「家訓・社訓・社是」などが明確化しているそうです。




未来に進む

というよりは

「未来に残る」企業は

ビジョンを持っている企業の方が

確率が高いようです。





その違いは

経営には2種類あり

「危機に対応する経営」

「ゴールに導かれる経営」

の2種類で

ゴールがビジョンであり



危機に対応する経営だけをしていると

目先ばかりになり

未来を見る時間がなくなるから

バタバタし、

準備が遅れるのが原因のようです。





どうも

経営には

3つの「ション」が必要で




そこに行きたいか?    パッション

なぜそこに行きたいか?  ミッション

たどり着くとどうなるか? ビジョン

のようです。




そのビジョンを

どう描き

どう伝えるのか?




それを考えていきたいと思います♪





2部 最新野田がお伝えしたいこと



元船井総研で

約10年、デザイン畑を歩んできた山田洋幸氏を迎えて

コンセプトの重要性

コンセプトブックを作る上での注意事項などを

野田がインタビューアーとして聞きまくります。



山田氏は

数々の、中小企業がグレートカンパニーに至るのに

どんなビジョンを描き、どんなものを使って

伝えていたかをたくさんツールを作りながら間近で見てきたので

とてもおもしろい話が聞けるのではと思っています♪

¥ 21,600

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ヤマト宅急便

    ヤマトが提供する定番の配送方法です。荷物追跡に対応しています。

    全国一律 500円

※5,000円以上のご注文で送料が無料になります。

通報する

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

ショップの評価

  • 野田の人気講演「心と財布が温かくなる経済学」待望のDVD化!

    野田の人気講演「心と財布が温かくなる経済学」待望のDVD化!

  • 野田への最も多い質問「好きなことで稼ぐ方法」のセミナーをDVD化!

    野田への最も多い質問「好きなことで稼ぐ方法」のセミナーをDVD化!

5,000円以上のお買い物で 送料無料 ※決済画面で送料0円を確認下さい

Search商品検索

Categoryカテゴリー

Guideご利用ガイド