Item

第56回2012年4月『 かける 』 〜継続するための経営判断技術〜&『ミャンマー最新事情&レポート』

【1部】  最新野田がお伝えしたいこと

3月は、ミャンマーに行ってきました。 


4月1日に行われたミャンマー議会補欠選挙での圧倒的勝利を飾った

アウンサンスーチー氏。


激動期、変革期のアジア。

世界の注目は

アジアに移りました。

世界の3大経済圏は、

ヨーロッパ、北米、アジア

です。
(ミャンマーのショッピングモール)

2015年のGDPの割合予測では

ヨーロッパ 23.8%
北米    22.3%
アジア   25.3%


そのときの人口は

ヨーロッパ 7.34億人
北米    5.74億人
アジア   43.91億人


この人口差は

とてつもない結果を生みそうです。

アジアの人々が

1万円所得が増えると
43兆円増えることになります。


1000円でも
4.3兆円です。


このポテンシャル(潜在能力)を

注目したいと思います。


訪問した、ミャンマー、ヤンゴンの       (ミャンマーで一番高い土地)坪554万円


雰囲気、実態価格調査結果


そして、アジアの数値を

知ってください♪




【2部】『賭ける』

~継続するための経営判断技術~

経営とは

毎日が、数多くの判断業です。


その判断の一つ一つで

将来の企業体系が

決まっていく。


ということは、

当たり前のことなのですが




将来を決めるのは

今の判断なんですよね。


ある300億円企業を、一代で築かれた経営者が


前に言っていたことを思い出します。



経営して20年。


その中ある時期、

毎日毎日、人が訪ねてくれ

毎日、部下の人たちの問い合わせを処理し


すごく忙しくしていたときがあった。


でも、そのときは

まったく、会社は成長しなかったし

今を振り返ると

すごく忙しのに、進歩がない!?

自分は何をしていたんだろう。


と、言われたのが印象的でした。


その経営者と

その後お話したのは



判断する人は

・どの方向に

・何をしていくか?


これに向かって

判断していかないと


忙しいのに、何をしていたんだろう。


となってしまうようです。


今回は

継続するための経営判断に

必要な項目要素分解をしていきたいと思います。


船井総研時代に取得した

経営品質のセルフアセッサー。


経営品質の経営項目

バランススコアカードの項目

その他。


野田独自の経営判断項目を

お伝えしたいと思います!!


経営品質では

経営幹部のリーダーシップ
経営における社会的責任
顧客・市場の理解と対応
戦略の策定と展開
個人と組織の能力向上
価値創造のプロセス
情報マネジメント
活動成果

の項目


バランススコアーカードの
財務
顧客
業務
開発
従業員

どの項目をどのように意識すると良いのか?

を、伝えたいと思います。

お楽しみに~
¥ 21,600

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ヤマト宅急便

    ヤマトが提供する定番の配送方法です。荷物追跡に対応しています。

    全国一律 500円

※5,000円以上のご注文で送料が無料になります。

通報する

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

ショップの評価

  • 野田の人気講演「心と財布が温かくなる経済学」待望のDVD化!

    野田の人気講演「心と財布が温かくなる経済学」待望のDVD化!

  • 野田への最も多い質問「好きなことで稼ぐ方法」のセミナーをDVD化!

    野田への最も多い質問「好きなことで稼ぐ方法」のセミナーをDVD化!

5,000円以上のお買い物で 送料無料 ※決済画面で送料0円を確認下さい

Search商品検索

Categoryカテゴリー

Guideご利用ガイド